綾瀬ひふみ皮膚科

お問い合わせ
03-5613-8377

xxxx

巻き爪・陥入爪

巻き爪・陥入爪について

巻き爪・陥入爪

ともにほとんどの場合、足の親ゆび(母趾)で問題になります。
巻き爪は爪が内側にカールした状態です。足の変形、姿勢の変化、足と靴との相性、爪の良くない切り方などにより、歩行時爪に正しく力がかからないために発症します。
高齢で活動性が低く、特に皮膚を傷める状態にない場合は、特に治療することなく様子をみます。皮膚に食い込んだり、靴下に引っ掛かったり、靴に当たるなど、支障がある場合はワイヤーを装着し形状を矯正します。爪の硬さ厚さによって、ワイヤー治療の成果は異なります。

陥入爪は爪の角が皮膚に食い込み、皮膚を傷めつけている状態です。爪の切り方が良くないために発症していることが多いです。
感染症を伴っている場合は、まずは感染症を抗生物質内服、抗菌剤外用を行い治めます。爪が皮膚を傷めているからと言って、爪の角を切り落としてしまうのは、一時的に痛みから解放され楽になるかもしれませんが、長期的に見ると好ましくありません。爪が伸びれば、いずれまた爪が皮膚に食い込み再発するからです。間違った爪の切り方は巻き爪など爪の変形にもつながります。
爪が正しい形状に伸びるまで、爪と皮膚の隙間にクッションとなるものを詰めたり、装着したり、テーピングで皮膚を爪から遠ざけることで、爪が皮膚を傷めないようにします。巻き爪が原因の場合は巻き爪を矯正します。

陥入爪はしばしば毛細血管拡張性肉芽種(化膿性肉芽腫)を合併しています。これは胃瘻の周囲にも好発します。持続的な摩擦により傷ができることで発症します。小さいものでは、硝酸銀液外用や液体窒素による冷凍凝固治療でも改善しますが、難治な場合も多く見られます。局所麻酔して切除、焼灼が必要となる場合もあります。

治療は極力保険診療で行いますが、ワイヤーによる矯正治療は自由診療となります。
ワイヤー治療は爪が十分な長さがある場合は、爪に穴を開け1本のワイヤーを通して固定します。爪が短い場合は2本のワイヤーを用いて、爪の両側方にワイヤーを引っ掛け2本のワイヤーを巻き上げることで爪を矯正します。

ワイヤー治療は、処置料、材料費込で以下となります。以下の料金に消費税が加算されます。

  • 爪に穴を開けワイヤーを固定する方法 1か所につき5,000円+税
  • 2本のワイヤーを用いる方法 1か所につき8,000円+税

診療メニューMedical